カリフォルニア州消費者プライバシー法の通知


発効日:2020年1月1日。

この通知は、2018 年カリフォルニア州消費者プライバシー法 (「CCPA」) に基づく具体的な開示要件を取り上げています。当社が収集するデータとその使用方法の詳細については、当社の個人情報保護方針をご覧ください。

個人情報の収集と目的

弊社は、カリフォルニア州居住者に関する個人情報を以下の目的で収集して使用します:

  • 事業の運営、成長、発展。
  • サイトの運営およびサービスの提供。
  • 適切な技術および資格を持つサプライヤーの選考。
  • パートナーおよび学術機関等との関係構築。
  • 調査および統計分析の実施。
  • マーケティングおよび事業開発。
  • 内部管理および監査目的。

弊社は、個人情報を販売することはありません。弊社のプライバシーに関する通知に記載されているように、サイトとサービスをお客様に提供するにあたり、運用上のニーズをサポートするために個人情報を共有する場合があります。CCPAの下で「ビジネス目的」として知られているこれらの運用上のニーズを以下に説明します。また、お客様の指示により個人情報を共有する場合があります。

サービスプロバイダー

法執行機関の要請への対応など、CCPAが許可する目的で、書面による契約または他者との契約で指定されたサービスを実行させるために、CCPAが定義するサービスプロバイダーと個人情報を共有する場合があります。

セキュリティ

セキュリティ事故や利用規約および適用法の違反を検出、防止、調査するなど、サイトやサービスを保護するために、パートナー、サービスプロバイダー、法執行機関と個人情報を共有する場合があります。

監査

やり取りやトランザクションを監査するために、パートナーやサービスプロバイダーと個人情報を共有する場合があります。

サービスの改善

バグの特定、エラーの修復、サービスが意図したとおりに機能していかどうかの確認、またはテクノロジーの改善のための内部調査と分析の実施など、サイトとサービスを改善するために、パートナーやサービスプロバイダーと個人情報を共有する場合があります。

個人情報のカテゴリ

プライバシーに関する通知で、個人情報の収集と使用についてより詳しく説明しています。以下の表は、個人情報をCCPAによって指定されたカテゴリに整理したものです。

個人情報のカテゴリ情報源
カリフォルニア州民法第1798.80条(e)に記載される個人情報(名前、住所、電話番号、学歴、職歴、クレジットカードまたはデビットカード番号など)お客様が直接提供する情報または当社のサービスとのやり取りを通じて提供する情報、パートナーまたは顧客から提供された情報
識別子(本名、別称、住所、一意の個人識別子、オンライン識別子、インターネットプロトコルアドレス、電子メールアドレス、アカウント名、またはその他の同様の識別子)お客様が当社に直接提供する情報または関連する広告を配信し、広告の効果を理解するのに役立つ情報を提供する、サイトおよびサービス(利用規約およびプライバシーに関する通知に定義されるとおり)ベンダーとのやり取りによる情報
カリフォルニア州または連邦法に基づく保護された分類の特性(例:性別または年齢)(「保護された分類の特性」)お客様が弊社に直接提供する情報
商業情報(例:購入、取得、または検討された製品またはサービスに関する情報)スタンドアロンコースやサブスクリプションの購入など、お客様が直接提供する情報、弊社のサイトおよびサービスとのやり取りを通じて提供する情報、およびパートナーまたは顧客からの情報
インターネットまたはその他の電子ネットワークアクティビティ情報(閲覧履歴、検索履歴、弊社のサービスとのやり取りに関する情報など)弊社のサイトおよびサービスとのお客様のやり取り
地理位置情報データ直接、またはサイトやサービスとのやり取りを通じてお客様が提供された情報
専門職または雇用関連情報お客様が弊社に直接提供する情報、弊社の顧客、パートナー、またはお客様の雇用主から提供された情報
推論お客様が直接提供する情報、または弊社のサイトおよびサービスとのやり取りを通じて提供する情報、およびパートナーまたは顧客から提供された情報
音声、電子、視覚または類似の情報お客様が直接提供する情報または当社のサービス、顧客またはパートナーとのやり取りから提供された情報

この個人情報は、プライバシーに関する通知に記載されている目的で使用します。

カリフォルニア州居住者のプライバシー権

カリフォルニア州の住民は、個人情報へのアクセスまたは削除を要求する権利を有し、カリフォルニア州民法第1798.125条が適用される場合、カリフォルニア州消費者プライバシー法に基づく権利を行使したことを理由に、差別されることはありません。ユーザーは次のように要求を行うことができます:(1)アカウント設定で利用できるセルフサービスのアクセスおよび削除ツールを使用するか、(2)特定のリクエストの詳細を記載したメールを privacy@coursera.orgに送信します。カリフォルニア州居住者は、個人情報の販売をオプトアウトする権利も保有します。 Coursera(コーセラ)はお客様の個人情報を販売しないため、このオプションを提供していません。Coursera(コーセラ)は、事前に通知することなく、新しいカテゴリの個人情報を収集したり、以前に収集した個人情報を実質的に異なる目的で使用することはありません。