このコースについて

7,812 最近の表示

受講生の就業成果

11%

コースが具体的なキャリアアップにつながった

11%

昇給や昇進につながった
共有できる証明書
修了時に証明書を取得
100%オンライン
自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。
柔軟性のある期限
スケジュールに従って期限をリセットします。
約15時間で修了
英語
字幕:英語

受講生の就業成果

11%

コースが具体的なキャリアアップにつながった

11%

昇給や昇進につながった
共有できる証明書
修了時に証明書を取得
100%オンライン
自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。
柔軟性のある期限
スケジュールに従って期限をリセットします。
約15時間で修了
英語
字幕:英語

提供:

メルボルン大学(The University of Melbourne) ロゴ

メルボルン大学(The University of Melbourne)

シラバス - 本コースの学習内容

コンテンツの評価Thumbs Up98%(1,151 件の評価)Info
1

1

2時間で修了

Why do we need 21st century skills? What are they?

2時間で修了
5件のビデオ (合計51分), 4 readings, 3 quizzes
5件のビデオ
2.1 Influence of technology11 分
2.2 21st century skills and frameworks12 分
2.3 The implementation of 21st century skills in education5 分
2.4 Developmental learning14 分
4件の学習用教材
Course outline10 分
Course progression20 分
Your teaching team10 分
Start-of-course survey10 分
3の練習問題
Module 1 Self-Assessment: Judging what you know about teaching and assessment of C21 skills12 分
Module 2a: About C21 Skills24 分
Module 2b: C21 Skills frameworks12 分
2

2

4時間で修了

How to teach and assess Collaborative Problem Solving (CPS) as an example of a C21 skill

4時間で修了
6件のビデオ (合計38分), 1 reading, 2 quizzes
6件のビデオ
3.2 The nature of collaborative problem solving6 分
3.3 Social skills for collaborative problem solving7 分
3.4 Cognitive skills for collaborative problem solving8 分
3.5 A developmental approach to teaching and learning collaborative problem solving8 分
3.6 Empirical progressions3 分
1件の学習用教材
Assignment 1: Developing a professional learning asset2 時間 10 分
2の練習問題
Module 3a: Developmental progressions30 分
Module 3b: Interpreting the CPS Progression22 分
3

3

3時間で修了

Assessing and reporting on the development of collaborative problem solving skills

3時間で修了
7件のビデオ (合計94分)
7件のビデオ
4.2 Using developmental progressions for assessment4 分
4.3a Case Study: Laughing Clowns13 分
4.3b Case Study: Olive Oil14 分
4.3c Case Study: Balance21 分
4.3d Case Study: Game of 2022 分
4.4 A look at reporting15 分
2の練習問題
Module 4: Using progressions to interpret and report on student learning45 分
Mid-course self-assessment against the Course Progression12 分
4

4

2時間で修了

Developmental teaching of collaborative problem solving

2時間で修了
5件のビデオ (合計53分), 1 reading, 1 quiz
5件のビデオ
5.2 Individual and group differences8 分
5.3 Interview: Patrick Griffin and Esther Care discuss CPS10 分
5.4 Interview: A researcher’s perspective on teaching CPS14 分
5.5 School Planning12 分
1件の学習用教材
Hints for Assignment 210 分
1の練習問題
Module 5: A case study of teaching CPS30 分

レビュー

ASSESSMENT AND TEACHING OF 21ST CENTURY SKILLS からの人気レビュー

すべてのレビューを見る

よくある質問

  • 講義と課題へのアクセスは、登録のタイプによって異なります。聴講モードでコースを受講すると、ほとんどのコース教材を無料で見ることができます。採点された課題にアクセスして修了証を取得するには、聴講中または聴講後に、修了証エクスペリエンスを購入する必要があります。聴講オプションが表示されない場合:

    • コースは聴講オプションを提供していない可能性があります。代わりに無料トライアルをお試しいただくか、学資援助を申請することができます。
    • コースは、聴講オプションを提供せずに「修了証なしフルコース」オプションを提供する場合があります。このオプションでは、すべてのコース教材が表示され、必須の評価を提出して、最終成績を取得することができます。この場合、修了証エクスペリエンスは購入できません。
  • 修了証を購入する際、コースのすべての教材(採点課題を含む)にアクセスできます。コースを完了すると、電子修了証が成果のページに追加されます。そこから修了証を印刷したり、LinkedInのプロフィールに追加したりできます。コースの内容の閲覧のみを希望する場合は、無料でコースを聴講できます。

  • 支払日から2週間後、または(開始直後のコースの場合は)コースの最初のセッションが開始されてから2週間後の、いずれかの遅い日付の期間までが全額の返金の対象となります。コースの修了証を取得した後は、2週間以内にコースを完了した場合でも返金することはできません。返金ポリシーをすべて表示します

  • はい。受講料の支払いが難しい受講生に、Coursera(コーセラ)は学資援助を提供しています。左側の[登録]ボタンの下にある[学資援助]のリンクをクリックして申請してください。申請書の入力を促すメッセージが表示され、承認されると通知が届きます。詳細

  • No teaching experience is necessary. An interest in and concern for schooling is all that is needed. We anticipate that practising teachers will find this class rewarding.

  • このコースでは大学の単位は付与されませんが、一部の大学ではコース修了証を単位として承認する場合があります。詳細については、大学にお問い合わせください。Coursera(コーセラ)のオンライン学位および Mastertrack™証明書は、大学の単位を取得する機会を提供します。

さらに質問がある場合は、受講者向けヘルプセンターにアクセスしてください。