Chevron Left
G Suite Security 日本語版 に戻る

Google Cloud による G Suite Security 日本語版 の受講者のレビューおよびフィードバック

コースについて

「G Suite Security」は G Suite Administration シリーズの 3 番目のコースです。 このコースでは、ユーザー パスワード ポリシーや、ユーザーに対する 2 段階認証プロセス(2SV)の有効化と適用など、G Suite のセキュリティのさまざまな側面に焦点を当てていきます。また、アプリケーションのセキュリティについて学び、アカウントへの API アクセスをホワイトリストに登録したりブロックしたりする方法や、多数の事前定義済みのサードパーティ製アプリケーションを簡単に G Suite に統合する方法、G Suite の SSO オプションについても学びます。さらに、組織の潜在的なセキュリティ リスクを特定し、管理コンソールに用意されているツールを使用して対処する方法も学習します。 学習目標 このコースを修了すると、次のことができるようになります。 - パスワード ポリシーやリカバリ オプションなど、Google のデフォルトのユーザー保護設定を行う。 - 組織における 2 段階認証プロセスの実装および適用に関するベスト プラクティスについて理解する。 - 利用可能な SSO オプションについて理解し、ID プロバイダとして Google を利用する場合とサードパーティのプロバイダを利用する場合の違いを識別できるようになる。 - Google を ID プロバイダとして利用し、クラウド ベースのエンタープライズ向け SAML アプリケーションを G Suite アカウントに統合できるようになる。 - セキュア LDAP サービスを使用して、LDAP 準拠のアプリケーションを G Suite に統合する方法を理解する。 - Google サービスへのアクセスを信頼できるアプリケーションのみに限定し、サービスへの悪意のある攻撃を防ぐ。 - 組織の G Suite Marketplace を管理し、信頼できるアプリケーションのみをデバイスにインストールできるようにする。 - セキュリティ センターとアラート センターを使用して、組織のセキュリティとプライバシーの問題を特定し、優先順位を付けて対処する。 前提条件 「Introduction to G Suite」コースと「Managing G Suite」コースを完了している必要があります。...
フィルター: