このコースについて

37,816 最近の表示

受講生の就業成果

36%

コース終了後に新しいキャリアをスタートした

23%

コースが具体的なキャリアアップにつながった
共有できる証明書
修了時に証明書を取得
100%オンライン
自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。
柔軟性のある期限
スケジュールに従って期限をリセットします。
約12時間で修了
英語
字幕:英語

受講生の就業成果

36%

コース終了後に新しいキャリアをスタートした

23%

コースが具体的なキャリアアップにつながった
共有できる証明書
修了時に証明書を取得
100%オンライン
自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。
柔軟性のある期限
スケジュールに従って期限をリセットします。
約12時間で修了
英語
字幕:英語

提供:

ジョンズ・ホプキンズ大学(Johns Hopkins University) ロゴ

ジョンズ・ホプキンズ大学(Johns Hopkins University)

シラバス - 本コースの学習内容

コンテンツの評価Thumbs Up96%(4,725 件の評価)Info
1

1

3時間で修了

Introduction to Systems Thinking and Complex Adaptive Systems

3時間で修了
8件のビデオ (合計98分), 6 readings, 1 quiz
8件のビデオ
Video: Introduction to Systems Thinking1 分
Lecture 1A: Why Use Systems Thinking13 分
Lecture 1B: Health Systems Applications of CAS: Health Systems Frameworks and the Problem of Implementation20 分
Lecture 1C: CAS Pathways: The Problem of Scaling Up19 分
Lecture 1D: Where Systems Thinking Helps: Understanding the Types of Problems, Theories, Methods, and Tools21 分
Lecture 2A: Systems Thinking In Practice - Understanding and Engaging with Stakeholders7 分
Lecture 2B: Network Analysis, Participatory Impact Pathways Analysis, and Summary10 分
6件の学習用教材
Syllabus10 分
Module Learning Objectives10 分
The Application of Systems Thinking in Public Health - David Peters (2014)10 分
When solutions of yesterday become problems of today - Agyepong et al 201210 分
Individual‐based Computational Modeling of Smallpox Epidemic Control Strategies - Burke et al (2006)10 分
Dynamic spread of happiness in a large social network - Fowler and Christakis (2008)10 分
1の練習問題
Quiz Module 120 分
2

2

3時間で修了

System Conceptualization Using Causal Loop Diagrams

3時間で修了
8件のビデオ (合計75分), 6 readings, 1 quiz
8件のビデオ
Lecture 3A: System Conceptualization and Mapping: Introduction to Causal Loop Diagrams6 分
Lecture 3B: Causal Loop Diagrams: Basic Components10 分
Lecture 3C: Causal Loop Diagrams: Sources of Data, Strengths, and Weaknesses12 分
Lecture 4A: Introduction to Community-Based Causal Mapping Workshop12 分
Lecture 4B: Community-Based Causal Mapping Workshop Part 17 分
Lecture 4C: Community-Based Causal Mapping Workshop Part 29 分
Tutorial 1: Developing causal loop diagrams using Vensim15 分
6件の学習用教材
Module Learning Objectives10 分
Exploring dual practice and its management in Uganda - Paina et al (2014)10 分
Advancing the application of systems thinking in health - Rwashana et al (2014)10 分
Vensim User Manual10 分
Scriptapedia & Original Scripts for Practice Workshop10 分
Simplified Variable Elicitation Script10 分
1の練習問題
Quiz Module 220 分
3

3

5時間で修了

System Dynamics Simulation Using Stock-and-Flow Diagrams

5時間で修了
13件のビデオ (合計159分), 11 readings, 1 quiz
13件のビデオ
Lecture 5A: Using Stock and Flow Principles for Simulation5 分
Lecture 5B: Defining Stocks12 分
Lecture 5C: Flow and Control Variables12 分
Lecture 6A: Case Example: Application of Stock and Flow Diagrams to Public Health22 分
Lecture 6B: Advanced Model of Volume and Quality10 分
Lecture 6C: Advanced Model: Cure and Prevention Model24 分
Tutorial 2: Tutorial on How To Develop Stock-and-Flow Diagrams Using Vensim13 分
Lecture 7A: Analysis Using Agent-Based Models: Trying Things Out9 分
Lecture 7B: Breakdown of the Agent-Based Approach15 分
Lecture 7C: Case Study of Epidemic Modeling14 分
Tutorial 3A: How to use agent-based models for scenario-building using Netlogo7 分
Tutorial 3B: How to use agent-based models for scenario-building using Netlogo9 分
11件の学習用教材
Module Learning Objectives10 分
Vensim Model I - Example Stock and Flow Diagram: Technical Quality10 分
Vensim Model II - Example stock and flow diagram: Quality of services10 分
Vensim Model III - Performance Based Financing10 分
Vensim Model IV - Effect of lobying10 分
Advancing the application of systems thinking in public health - Bishai et all (2014)10 分
Vensim User Manual (same link as above)10 分
ReThink Health Dynamics - Homer et al (2012)10 分
Module Learning Objectives10 分
How to do agent-based simulations in the future - Helbing and Balietti (2011)10 分
Netlogo User Manual10 分
1の練習問題
Quiz Module 320 分
4

4

1時間で修了

Practical and policy implications

1時間で修了
6件のビデオ (合計42分), 1 reading, 1 quiz
6件のビデオ
Lecture 8A: How Systems Thinking Can Contribute to Policy Decision Making9 分
Lecture 8B: Systems Thinking in Top-Down Policymaking13 分
Lecture 8C: Systems Thinking in Bottom-Up Policymaking10 分
Lecture 8D: Integration and Summary4 分
Conclusion Video3 分
1件の学習用教材
Module Learning Objectives10 分
1の練習問題
Quiz Module 420 分

レビュー

SYSTEMS THINKING IN PUBLIC HEALTH からの人気レビュー

すべてのレビューを見る

よくある質問

  • 講義と課題へのアクセスは、登録のタイプによって異なります。聴講モードでコースを受講すると、ほとんどのコース教材を無料で見ることができます。採点された課題にアクセスして修了証を取得するには、聴講中または聴講後に、修了証エクスペリエンスを購入する必要があります。聴講オプションが表示されない場合:

    • コースは聴講オプションを提供していない可能性があります。代わりに無料トライアルをお試しいただくか、学資援助を申請することができます。
    • コースは、聴講オプションを提供せずに「修了証なしフルコース」オプションを提供する場合があります。このオプションでは、すべてのコース教材が表示され、必須の評価を提出して、最終成績を取得することができます。この場合、修了証エクスペリエンスは購入できません。
  • 修了証を購入する際、コースのすべての教材(採点課題を含む)にアクセスできます。コースを完了すると、電子修了証が成果のページに追加されます。そこから修了証を印刷したり、LinkedInのプロフィールに追加したりできます。コースの内容の閲覧のみを希望する場合は、無料でコースを聴講できます。

  • 支払日から2週間後、または(開始直後のコースの場合は)コースの最初のセッションが開始されてから2週間後の、いずれかの遅い日付の期間までが全額の返金の対象となります。コースの修了証を取得した後は、2週間以内にコースを完了した場合でも返金することはできません。返金ポリシーをすべて表示します

  • はい。受講料の支払いが難しい受講生に、Coursera(コーセラ)は学資援助を提供しています。左側の[登録]ボタンの下にある[学資援助]のリンクをクリックして申請してください。申請書の入力を促すメッセージが表示され、承認されると通知が届きます。詳細

さらに質問がある場合は、受講者向けヘルプセンターにアクセスしてください。