2-1 由寫景酬唱到遣情入詞

video-placeholder
Loading...
シラバスを表示

レビュー

4.7 (63 件の評価)

  • 5 stars
    79.36%
  • 4 stars
    17.46%
  • 3 stars
    1.58%
  • 2 stars
    1.58%

レッスンから

第二講:詞情的深化─東坡「淚」與抒情自我的顯現

以東坡的早期詞——杭州時期作品——為講授重點。自杭州的詞樂環境、人情風光到東坡此時的宦途失意、悲歡情思,逐次辨析東坡早期詞的創作歷程,理解他如何由寫景酬唱到遣情入詞。而送別詞和思鄉詞的佳作也讓我們見到了東坡詞中抒情自我的顯現。

講師

  • Placeholder

    劉少雄

    教授 (Professor)

コース一覧で検討

サインアップは無料です。今すぐサインアップして、パーソナライズされたお勧め、更新、サービスを利用しましょう。