5-1 東坡謫黃時期的寫作背景和心境

video-placeholder
Loading...
シラバスを表示

レビュー

4.7 (63 件の評価)

  • 5 stars
    79.36%
  • 4 stars
    17.46%
  • 3 stars
    1.58%
  • 2 stars
    1.58%

レッスンから

第五講:文體的抉擇─由〈念奴嬌〉到〈赤壁賦〉

如何在自由與限制之中找到平衡?如何在變與不變之間覓得人生的定理?本講選讀東坡元豐五年的詞作〈念奴嬌〉、賦作前後〈赤壁賦〉,透過他對同一主題(赤壁)以不同文體(詞、賦)書寫的選擇,一則探索其情理掙扎、生命體悟,一則辨析文體抉擇的內外關係,從而了解文體的深切意義。

講師

  • Placeholder

    劉少雄

    教授 (Professor)

コース一覧で検討

サインアップは無料です。今すぐサインアップして、パーソナライズされたお勧め、更新、サービスを利用しましょう。