Build a computer vision app with Azure Cognitive Services

4.2

10件の評価

提供:
この無料ガイド付きプロジェクトでは、次のことを行います。

Create a Computer Vision Cognitive Services resource using the Azure Portal

Use the resource via the API console and understanding how predictions are made

Understand the different API variations and features that Computer Vision offers

この実践的な経験を面接でアピールする

1.5
中級
ダウンロード不要
分割画面ビデオ
英語
デスクトップのみ

By the end of this project, you will have successfully created an Azure account, logged into the Azure Portal, created a Computer Vision Cognitive Services resource and use it by executing API calls to generate predictions. You will learn to execute API calls to the pre-built Computer Vision resource through a series of tasks which include creating the appropriate resource to realize the API calls and then providing a clear example through the Microsoft API portal on how these can be executed. The skills learned in this guided project will provide the foundation to understanding and implementing Artificial Intelligence & Machine Learning solutions in Microsoft Azure. If you enjoy this project, we recommend taking the Microsoft Azure AI Fundamentals AI-900 Exam Prep Specialization: https://www.coursera.org/specializations/microsoft-azure-ai-900-ai-fundamentals

必要事項

Background knowledge on app/software development and cloud computing is required to complete this project.

あなたが開発するスキル

  • Artificial Intelligence (AI)

  • Software Development

  • APIs

  • Cloud Computing

ステップバイステップで学習します

ワークエリアを使用した分割画面で再生するビデオでは、講師がこれらの手順を説明します。

  1. Create a free trial account in Microsoft Azure and log into Azure using your new subscription.

  2. Create a Resource Group in preparation for creating a new Computer Vision resource.

  3. Create a Computer Vision API resource.

  4. Identify the URL and key needed for API calls and access the API console.

  5. Learn how API calls can be executed.

  6. Interpret the result of the executed API call.

  7. Understand the difference between synchronous and asynchronous.

  8. Understand the variety of APIs available in Computer Vision and how can they be integrated in applications.

ガイド付きプロジェクトの仕組み

ワークスペースは、ブラウザに完全にロードされたクラウドデスクトップですので、ダウンロードは不要です

分割画面のビデオで、講師が手順ごとにガイドします

よくある質問

ワークスペースにはラップトップまたはデスクトップコンピューターに適したサイズのクラウドデスクトップが含まれているため、モバイル機器ではガイド付きプロジェクトを使用できません。

ガイド付きプロジェクトの講師は、プロジェクトのスキル、ツール、またはその分野での経験があり、知識を共有して世界中の何百万人もの受講生に影響を与えるたことに情熱を持つ専門家です。

ガイド付きプロジェクトから作成したファイルをダウンロードして保持できます。そのためには、クラウドデスクトップにアクセスしているときに「ファイルブラウザ」機能を使用できます。

ページの上部で、このガイド付きプロジェクトの経験レベルを押して、知識の前提条件を表示できます。ガイド付きプロジェクトのすべてのレベルで、インストラクターがステップバイステップでご案内します。

はい。ガイド付きプロジェクトを完了するために必要なものはすべて、ブラウザで利用可能なクラウドデスクトップで利用できます。

分割画面環境でタスクをブラウザで直接完了することで学習できます。画面の左側で、ワークスペースでタスクを完了します。画面の右側で、講師がプロジェクトをステップごとにガイドします。