Designing a Low Fidelity Prototype in Figma

提供:
この無料ガイド付きプロジェクトでは、次のことを行います。

Create a low fidelity prototype of a music streaming mobile app in Figma

Use Figma UI Kits to design low fidelity prototypes

Export and share Figma prototype with other stakeholders

この実践的な経験を面接でアピールする

2.5 hours
初心者向け
ダウンロード不要
分割画面ビデオ
英語
デスクトップのみ

How would you quickly validate an app idea you have, or get feedback on a new feature for a product you are building? In this digital age, you can quickly create, test, and share user interface designs for digital products such as mobile apps and websites using online tools like Figma. This Guided Project 'Designing a Low Fidelity Prototype in Figma' is for anyone who wants to learn to use standard industry tools in the design field to build low-fidelity prototypes of digital products. Low-fidelity prototyping is a quick and easy way to translate high-level design concepts into tangible and testable artifacts. The first and most important role of low-fidelity prototypes is to check and test functionality rather than the visual appearance of the product. In this 1-hour long project-based course, you will learn how to create a low fidelity prototype of a music streaming mobile app in Figma, how to use Figma UI Kits to design app screens, and how to export and share Figma prototypes with other stakeholders. In order to be successful in this project, you will need to be familiar with the principles of UI/UX design. You will also need to create an account in Figma. Let's get started!

必要事項

Knowledge of UI/UX design principles.

あなたが開発するスキル

  • Website Wireframe

  • UI/UX design

  • Prototyping

ステップバイステップで学習します

ワークエリアを使用した分割画面で再生するビデオでは、講師がこれらの手順を説明します。

  1. Create an account in Figma

  2. Explore the Figma Interface and Add a Frame

  3. Draw UI elements on Your Screen

  4. Practice Task: Draw UI Elements on Your Screen

  5. Make Components

  6. Build your User Interface with Components

  7. Use UI Kits to Create Designs in Figma

  8. Practice Task - Design a User Interface with Simple Elements and Components

  9. Present and Export Your Prototype

  10. Designing a User Interface for an A/B Test.

ガイド付きプロジェクトの仕組み

ワークスペースは、ブラウザに完全にロードされたクラウドデスクトップですので、ダウンロードは不要です

分割画面のビデオで、講師が手順ごとにガイドします

よくある質問

ワークスペースにはラップトップまたはデスクトップコンピューターに適したサイズのクラウドデスクトップが含まれているため、モバイル機器ではガイド付きプロジェクトを使用できません。

ガイド付きプロジェクトの講師は、プロジェクトのスキル、ツール、またはその分野での経験があり、知識を共有して世界中の何百万人もの受講生に影響を与えるたことに情熱を持つ専門家です。

ガイド付きプロジェクトから作成したファイルをダウンロードして保持できます。そのためには、クラウドデスクトップにアクセスしているときに「ファイルブラウザ」機能を使用できます。

ページの上部で、このガイド付きプロジェクトの経験レベルを押して、知識の前提条件を表示できます。ガイド付きプロジェクトのすべてのレベルで、インストラクターがステップバイステップでご案内します。

はい。ガイド付きプロジェクトを完了するために必要なものはすべて、ブラウザで利用可能なクラウドデスクトップで利用できます。

分割画面環境でタスクをブラウザで直接完了することで学習できます。画面の左側で、ワークスペースでタスクを完了します。画面の右側で、講師がプロジェクトをステップごとにガイドします。