Build an End-to-End Data Capture Pipeline using Document AI

このプロジェクトでは、次のことを行います。

Enable the Document AI API.

Deploy Cloud Functions that use the Document AI, BigQuery, Cloud Storage, and Pub/Sub APIs.

Configure a Cloud Function to trigger when documents are uploaded to Cloud Storage.

1 hour
初級
ダウンロード不要
共有できる証明書
英語
デスクトップのみ

This is a self-paced lab that takes place in the Google Cloud console. In this lab you use Cloud Functions and Pub/Sub to create an end-to-end document processing pipeline using Document AI. The Document AI API is a document understanding solution that takes unstructured data, such as documents and emails, and makes the data easier to understand, analyze, and consume. In this lab, you will create a document processing pipeline that will automatically process documents that are uploaded to Cloud Storage. The pipeline consists of a primary Cloud Function that processes new files that are uploaded to Cloud Storage using a Document AI form processor and then saves form data detected in those files to BigQuery. If the form data includes any address fields the address data is then written to a Pub/Sub topic that in turn triggers a second Cloud Function that uses to Geocoding API to provide geographic coordinate data for the address that is also written to BigQuery. This is a simple pipeline that uses a general form processor that will detect basic form data, such as a labelled field containing address information. Document AI processors that use one of the specialized parsers that are beyond the scope of this lab provide enhanced entity information for specific document types even when those documents do not include labelled fields. For example, a Document AI Invoice parser can provide detailed address and supplier information, from an unlabelled invoice document because it understands the layout of invoices.

あなたが開発するスキル

  • Cloud Storage

  • Business Process

  • Cloud API

  • Automations

プロジェクトの仕組み

新しいツールやスキルをインタラクティブな実践的環境で学習します

ダウンロードが不要のクラウド型ワークスペースでソフトウェアやツールにアクセスできます。

提供:

Placeholder

Google Cloud

よくある質問

プロジェクトでは、インタラクティブな実践型の環境で、一連の指示に従ってアクティビティやシナリオを完成します。プロジェクトは、シミュレーションやデモ環境ではなく、実際のクラウド環境とさまざまな製品の実際のインスタンスで完了します。

プロジェクトを購入すると、プロジェクトを完了するために必要な製品への一時的なアクセスを含む、プロジェクト完了のために必要なすべてのものを手に入れることができます。

プロジェクトは、技術的にはモバイルデバイスで作業可能ですが、ノートパソコンまたはデスクトップのみでプロジェクトを完了することを強くお勧めします。

プロジェクトから作成したファイルをダウンロードして保持できます。そのためには、製品環境を終了する前に、ファイルや作業内容を必ず端末に保存しておいてください。

プロジェクトは払い戻しの対象外です。すべての返金ポリシーを表示する

プロジェクトには学費援助が利用できません。

まれに、メンテナンスなどの理由でプロジェクトが停止されることがあります。何か問題が発生した場合は、お問い合わせまでご連絡ください。

プロジェクトでは聴講を使用できません。

ページ上部には、このプロジェクトで推奨される経験レベルが表示されます。

はい。プロジェクトを完了するために必要なものはすべて、ブラウザで利用できます。