Dialogflow CX: Enable IVR Features for your Voice Agent

このプロジェクトでは、次のことを行います。

Enable and configure IVR features

Add in NoMatch and NoInput handling scenarios to escalate to an Agent

Add in rich voice responses with SSML

1 hour 30 minutes
初級
ダウンロード不要
共有できる証明書
英語
デスクトップのみ

This is a self-paced lab that takes place in the Google Cloud console. Build a conversational agent that include IVR features that Dialogflow CX provides. Dialogflow CX provides a simple, visual bot building approach to virtual agent design. For a full voice experience, your Dialogflow CX Agent can be integrated with various conversational platforms, including telephony providers. In this lab, you'll explore these Interactive Voice Response (IVR) features as well as two additional features - conversation repair and Speech Synthesis Markup Language (SSML) - that help end users feel as though they're having a natural, interactive, and cooperative conversation. This lab will show you how to enable various IVR features, but you will only be able to test some of them with the Dialogflow CX Phone Gateway. Features like DTMF (Dual-Tone Multi-Frequency) and Barge-in (where the user can interrupt the bot) are not supported in Dialogflow Telephony and can only be tested with your telephony provider. In this lab you will continue building a conversational agent, exploring and adding the IVR features that Dialogflow CX provides.

あなたが開発するスキル

  • Interactive Voice Response (IVR)

  • Speech Synthesis Markup Language

  • Virtual agent

  • dialogflow

プロジェクトの仕組み

新しいツールやスキルをインタラクティブな実践的環境で学習します

ダウンロードが不要のクラウド型ワークスペースでソフトウェアやツールにアクセスできます。

提供:

Placeholder

Google Cloud

よくある質問

プロジェクトでは、インタラクティブな実践型の環境で、一連の指示に従ってアクティビティやシナリオを完成します。プロジェクトは、シミュレーションやデモ環境ではなく、実際のクラウド環境とさまざまな製品の実際のインスタンスで完了します。

プロジェクトを購入すると、プロジェクトを完了するために必要な製品への一時的なアクセスを含む、プロジェクト完了のために必要なすべてのものを手に入れることができます。

プロジェクトは、技術的にはモバイルデバイスで作業可能ですが、ノートパソコンまたはデスクトップのみでプロジェクトを完了することを強くお勧めします。

プロジェクトから作成したファイルをダウンロードして保持できます。そのためには、製品環境を終了する前に、ファイルや作業内容を必ず端末に保存しておいてください。

プロジェクトは払い戻しの対象外です。すべての返金ポリシーを表示する

プロジェクトには学費援助が利用できません。

まれに、メンテナンスなどの理由でプロジェクトが停止されることがあります。何か問題が発生した場合は、お問い合わせまでご連絡ください。

プロジェクトでは聴講を使用できません。

ページ上部には、このプロジェクトで推奨される経験レベルが表示されます。

はい。プロジェクトを完了するために必要なものはすべて、ブラウザで利用できます。