Using Shiny to Plot Differential Gene Expression

4.4
27件の評価
提供:
Coursera Project Network
このガイド付きプロジェクトでは、次のことを行います。

Develop a Shiny app inputs data and build the outputs using the server function.

Build reactive objects to handle your data.

Produce a Shiny app using Shiny and Shiny Dashboard libraries.

ClockAbout 60 minutes required for the project and 60 for the other materials (reading and assignment).
Beginner初級
Cloudダウンロード不要
Video分割画面ビデオ
Comment Dots英語
Laptopデスクトップのみ

In this project-based course, you will create a Shiny app to plot gene expression data (Real-Time PCR) from a published manuscript. You will build the Shiny app from scratch and handle every component of Shiny. The project covers data processing and collecting feedback from the user to build and finetune the output. In this course, we will be concerned with the optimal use of inputs and outputs. Instead of building a lot of inputs and outputs, we will use a limited number of components and recycle some even seven times for different purposes.

あなたが開発するスキル

Data Visualization (DataViz)gene expressionInteractive web appshiny

ステップバイステップで学習します

ワークエリアを使用した分割画面で再生するビデオでは、講師がこれらの手順を説明します。

  1. Task 1: Introduction

  2. Task 2: Application types (single and multiple file formats)

  3. Task 3: UI - Inputs

  4. Task 4: UI - Outputs

  5. Task 5: Reactivity - Server-Side Function

  6. Task 6: Reactivity - Part Two

  7. Task 7: Shiny Themes

  8. Task 8: Shiny Dashboard

  9. Task 9: Create Gadget

ガイド付きプロジェクトの仕組み

ワークスペースは、ブラウザに完全にロードされたクラウドデスクトップですので、ダウンロードは不要です

分割画面のビデオで、講師が手順ごとにガイドします

レビュー

USING SHINY TO PLOT DIFFERENTIAL GENE EXPRESSION からの人気レビュー

すべてのレビューを見る

よくある質問

よくある質問

さらに質問がある場合は、受講者向けヘルプセンターにアクセスしてください。