この専門講座について

24,298 最近の表示
This Specialization is intended for health professionals, administrators, health IT staff, vendors, startups, and patients who need or want to participate in the health IT/informatics process. Throughout the five courses of this Specialization, you will learn about the social and technical context of health informatics problems, how to successfully implement health informatics interventions, how to design a health informatics solution for decision support, and how to answer a health informatics problem through data retrieval and analysis.
受講生の就業成果
33%
この専門講座終了後に新しいキャリアをスタートしました
共有できる証明書
修了時に証明書を取得
100%オンラインコース
自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。
フレキシブルなスケジュール
柔軟性のある期限の設定および維持
初級レベル
約5か月で修了
推奨3時間/週
英語
字幕:英語
受講生の就業成果
33%
この専門講座終了後に新しいキャリアをスタートしました
共有できる証明書
修了時に証明書を取得
100%オンラインコース
自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。
フレキシブルなスケジュール
柔軟性のある期限の設定および維持
初級レベル
約5か月で修了
推奨3時間/週
英語
字幕:英語

この専門講座には5コースあります。

コース1

コース 1

The Social and Technical Context of Health Informatics

4.3
193件の評価
56件のレビュー
コース2

コース 2

Leading Change in Health Informatics

4.8
126件の評価
50件のレビュー
コース3

コース 3

The Outcomes and Interventions of Health Informatics

4.5
46件の評価
7件のレビュー
コース4

コース 4

The Data Science of Health Informatics

4.7
93件の評価
18件のレビュー

提供:

ジョンズ・ホプキンズ大学(Johns Hopkins University) ロゴ

ジョンズ・ホプキンズ大学(Johns Hopkins University)

よくある質問

  • サブスクライブすると、7日間の無料トライアルを体験できます。この期間中は解約金なしでキャンセルできます。それ以降、払い戻しはありませんが、サブスクリプションをいつでもキャンセルできます。返金ポリシーをすべて表示します

  • はい。まず始めに興味のあるコースカードをクリックして登録します。コースに登録して修了することによって、共有できる修了証を取得するか、無料でコースを聴講してコースの教材を確認することができます。専門講座の一部であるコースにサブスクライブすると、専門講座全体に自動的にサブスクライブされます。進捗を追跡するには、受講生のダッシュボードにアクセスしてください。

  • はい。受講料の支払いが難しい受講生に、Coursera(コーセラ)は学資援助を提供しています。左側の[登録]ボタンの下にある[学資援助]のリンクをクリックして申請してください。申請書の入力を促すメッセージが表示され、承認されると通知が届きます。キャップストーンプロジェクトを含む専門講座の各コースでこのステップを完了する必要があります。詳細

  • コースに登録すると専門講座のすべてのコースにアクセスできるようになり、コースを修了すると修了証を取得できます。コース内容の閲覧のみを希望する場合は、無料でコースを聴講することができます。受講料の支払いが難しい場合は、学資援助を申請することができます

  • このコースは完全にオンラインで提供されているため、実際に教室に出席する必要はありません。Webまたはモバイル機器からいつでもどこからでも講義、学習用教材、課題にアクセスできます。

  • この専門講座では大学の単位は付与されませんが、一部の大学では専門講座修了証を単位として承認する場合があります。詳細については、大学にお問い合わせください。

さらに質問がある場合は、受講者向けヘルプセンターにアクセスしてください。