この専門講座について

6,534 最近の表示
This Specialization is intended for software developers of any level who are not yet fluent with secure coding and programming techniques.Through four courses, you will cover the principles of secure coding, concepts of threat modeling and cryptography and exploit vulnerabilities in both C/C++ and Java languages, which will prepare you to think like a hacker and protect your organizations information. The courses provide ample practice activities including exploiting WebGoat, an OWASP project designed to teach penetration testing.
共有できる証明書
修了時に証明書を取得
100%オンラインコース
自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。
フレキシブルなスケジュール
柔軟性のある期限の設定および維持
中級レベル
約4か月で修了
推奨4時間/週
英語
字幕:英語
共有できる証明書
修了時に証明書を取得
100%オンラインコース
自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。
フレキシブルなスケジュール
柔軟性のある期限の設定および維持
中級レベル
約4か月で修了
推奨4時間/週
英語
字幕:英語

この専門講座には4コースあります。

コース1

コース 1

Principles of Secure Coding

4.3
129件の評価
34件のレビュー
コース2

コース 2

Identifying Security Vulnerabilities

4.6
72件の評価
21件のレビュー
コース3

コース 3

Identifying Security Vulnerabilities in C/C++Programming

4.7
38件の評価
12件のレビュー
コース4

コース 4

Exploiting and Securing Vulnerabilities in Java Applications

4.6
21件の評価
6件のレビュー

提供:

カリフォルニア大学デービス校(University of California, Davis) ロゴ

カリフォルニア大学デービス校(University of California, Davis)

よくある質問

  • サブスクライブすると、7日間の無料トライアルを体験できます。この期間中は解約金なしでキャンセルできます。それ以降、払い戻しはありませんが、サブスクリプションをいつでもキャンセルできます。返金ポリシーをすべて表示します

  • はい。まず始めに興味のあるコースカードをクリックして登録します。コースに登録して修了することによって、共有できる修了証を取得するか、無料でコースを聴講してコースの教材を確認することができます。専門講座の一部であるコースにサブスクライブすると、専門講座全体に自動的にサブスクライブされます。進捗を追跡するには、受講生のダッシュボードにアクセスしてください。

  • はい。受講料の支払いが難しい受講生に、Coursera(コーセラ)は学資援助を提供しています。左側の[登録]ボタンの下にある[学資援助]のリンクをクリックして申請してください。申請書の入力を促すメッセージが表示され、承認されると通知が届きます。キャップストーンプロジェクトを含む専門講座の各コースでこのステップを完了する必要があります。詳細

  • コースに登録すると専門講座のすべてのコースにアクセスできるようになり、コースを修了すると修了証を取得できます。コース内容の閲覧のみを希望する場合は、無料でコースを聴講することができます。受講料の支払いが難しい場合は、学資援助を申請することができます

  • このコースは完全にオンラインで提供されているため、実際に教室に出席する必要はありません。Webまたはモバイル機器からいつでもどこからでも講義、学習用教材、課題にアクセスできます。

  • この専門講座では大学の単位は付与されませんが、一部の大学では専門講座修了証を単位として承認する場合があります。詳細については、大学にお問い合わせください。

  • It is intended to be able to complete in 4-5 months, but you may want to give yourself more time to work through the many activities outlined in the various courses.

    • Familiar with the Software Development Lifecycle.
    • Fluent in one or more coding languages (including web front-end development languages.)
    • For Java course, Fluent in Java.
    • For C/C++ course, Fluent in C/C++.
  • We recommend you begin with Principles of Secure Coding and then move to Identifying Security Vulnerabilities. The other two courses can be taken in either order.

さらに質問がある場合は、受講者向けヘルプセンターにアクセスしてください。