この専門講座について

参加者は、記録された講義、デモンストレーション、ハンズオンラボを通じて、Cloud Identity、GCP Resource Manager、Cloud IAM、Google Virtual Private Cloudファイアウォール、Google Cloud Load Balanceing、CloudCDNなどの安全なGoogleCloudソリューションのコンポーネントを探索してデプロイします、Cloud Storageアクセス制御テクノロジー、セキュリティコマンドセンター、Stackdriver、セキュリティキー、お客様が用意した暗号化キー、Google Data Loss Prevention API、CloudArmor。参加者は、分散型サービス拒否攻撃、フィッシング攻撃、コンテンツの分類と使用に関連する脅威など、GoogleCloudベースのインフラストラクチャの多くのポイントでの攻撃の軽減策を学びます。 >>>このスペシャライゼーションに登録すると、FAQに記載されているQwiklabsの利用規約に同意したことになります。https://qwiklabs.com/terms_of_service <<<
共有できる証明書
修了時に証明書を取得
100%オンラインコース
自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。
フレキシブルなスケジュール
柔軟性のある期限の設定および維持
中級レベル
約4ヶ月で完了
3時間/週の推奨ペース
日本語
共有できる証明書
修了時に証明書を取得
100%オンラインコース
自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。
フレキシブルなスケジュール
柔軟性のある期限の設定および維持
中級レベル
約4ヶ月で完了
3時間/週の推奨ペース
日本語

専門講座の仕組み

コースを受講しましょう。

Courseraの専門講座は、一連のコース群であり、技術を身に付ける手助けとなります。開始するには、専門講座に直接登録するか、コースを確認して受講したいコースを選択してください。専門講座の一部であるコースにサブスクライブすると、自動的にすべての専門講座にサブスクライブされます。1つのコースを修了するだけでも結構です。いつでも、学習を一時停止したり、サブスクリプションを終了することができます。コースの登録状況や進捗を追跡するには、受講生のダッシュボードにアクセスしてください。

実践型プロジェクト

すべての専門講座には、実践型プロジェクトが含まれています。専門講座を完了して修了証を獲得するには、成功裏にプロジェクトを終了させる必要があります。専門講座に実践型プロジェクトに関する別のコースが含まれている場合、専門講座を開始するには、それら他のコースをそれぞれ終了させる必要があります。

修了証を取得

すべてのコースを終了し、実践型プロジェクトを完了すると、修了証を獲得します。この修了証は、今後採用企業やあなたの職業ネットワークと共有できます。

この専門講座には4コースあります。

コース1

コース 1

Google Cloud Fundamentals: Core Infrastructure 日本語版

4.5
566件の評価
53件のレビュー
コース2

コース 2

Managing Security in Google Cloud Platform 日本語版

コース3

コース 3

Security Best Practices in Google Cloud 日本語版

コース4

コース 4

Mitigating Security Vulnerabilities on Google Cloud 日本語版

提供:

Placeholder

Google Cloud

よくある質問

さらに質問がある場合は、受講者ヘルプセンターにアクセスしてください。