Azure Data Factory : Implement SCD Type 1

提供:
このガイド付きプロジェクトでは、次のことを行います。

Implement SCD Type 1 in Azure Data Factory

2 hours
中級
ダウンロード不要
分割画面ビデオ
英語
デスクトップのみ

In this project, you will learn how to implement one of the most common concept in real world projects i.e. Slowly Changing Dimension Type 1, using Azure Data Factory. Pre-requisites: Azure subscription Azure Data Factory knowledge (Basic) Following are the tasks covered in this project: Task 1: Understand Slowly Changing Dimension (SCD) Type 1 In this task, we will try to understand the concept of Slowly Changing Dimension and its different types, but will focus on Type 1 using a simple example. Task 2: Create Azure services like Azure Data Factory, Azure SQL Database In this task, we are going to create the azure services like azure data factory and azure sql database which are going to be used in later tasks. Azure sql database is going to contain the staging and dimension table whereas azure data factory is going to be used to create the data pipeline Task 3: Create Staging and Dimension Table in Azure SQL Database In this task, we will create the staging and dimension table in azure sql database. Also, we will insert some dummy records in staging table Task 4: Create a ADF pipeline to implement SCD Type 1 (Insert Logic) In this task, we are going to create the pipeline in azure data factory and implement the logic to insert new records which exists in staging table but doesnt exist in dimension. This is one scenario/use case of SCD Type 1. Task 5: Create a ADF pipeline to implement SCD Type 1 (Update Logic) In this task, we are going to create the pipeline in azure data factory and implement the logic to update records which exists in staging table as well as in dimension. This is another use case/scenario of SCD Type 1 Task 6: Demo of ADF pipeline This is final task in which we will run the pipeline to see whether it satisfies both the use case/scenario of SCD Type 1 All the Best !!

ステップバイステップで学習します

ワークエリアを使用した分割画面で再生するビデオでは、講師がこれらの手順を説明します。

  1. Understand Slowly Changing Dimension (SCD) Type 1

  2. Create Azure services like Azure Data Factory, Azure SQL Database

  3. Create Staging and Dimension Table in Azure SQL Database

  4. Create a ADF pipeline to implement SCD Type 1 (Insert Logic)

  5. Create a ADF pipeline to implement SCD Type 1 (Update Logic)

  6. Demo of ADF pipeline

ガイド付きプロジェクトの仕組み

ワークスペースは、ブラウザに完全にロードされたクラウドデスクトップですので、ダウンロードは不要です

分割画面のビデオで、講師が手順ごとにガイドします

よくある質問

ガイド付きプロジェクトを購入することによって、ガイド付きプロジェクトを完了するために必要なものすべてが得られます。これには、開始する必要のあるファイルとソフトウェアを含むWebブラウザを介したクラウドデスクトップワークスペースへのアクセスの他、専門家によるステップバイステップのビデオ講座が含まれます。

ワークスペースにはラップトップまたはデスクトップコンピューターに適したサイズのクラウドデスクトップが含まれているため、モバイル機器ではガイド付きプロジェクトを使用できません。

ガイド付きプロジェクトの講師は、プロジェクトのスキル、ツール、またはその分野での経験があり、知識を共有して世界中の何百万人もの受講生に影響を与えるたことに情熱を持つ専門家です。

ガイド付きプロジェクトから作成したファイルをダウンロードして保持できます。そのためには、クラウドデスクトップにアクセスしているときに「ファイルブラウザ」機能を使用できます。

ガイド付きプロジェクトは払い戻しの対象外です。すべての返金ポリシーを表示する

ガイド付きプロジェクトには学費援助が利用できません。

ガイド付きプロジェクトでは監査を使用できません。

ページの上部で、このガイド付きプロジェクトの経験レベルを押して、知識の前提条件を表示できます。ガイド付きプロジェクトのすべてのレベルで、インストラクターがステップバイステップでご案内します。

はい。ガイド付きプロジェクトを完了するために必要なものはすべて、ブラウザで利用可能なクラウドデスクトップで利用できます。

分割画面環境でタスクをブラウザで直接完了することで学習できます。画面の左側で、ワークスペースでタスクを完了します。画面の右側で、講師がプロジェクトをステップごとにガイドします。