Build Device Messaging and Communication in Azure IoT Hub

提供:
このガイド付きプロジェクトでは、次のことを行います。

Learn to create and configure Azure IoT hub

Learn to send device-to-cloud and cloud-to-device messages

Learn to use message routing with Azure IoT Hub

1
中級
ダウンロード不要
分割画面ビデオ
英語
デスクトップのみ

In this 1-hour long project-based course, we'll create an instance of Azure IoT hub. Once we have our hub, we'll then create devices that we can use for testing. Then we’ll learn to send the device to cloud(d2c) and cloud to device(c2d) messages using VS code, Azure CLI, and Azure portal. We will also learn to monitor the messages that are sent back and forth from our hub. Then we'll see how we can simulate a device for sending messages all without writing a single line of code from the Azure CLI. We’ll also learn to configure an IoT hub to facilitate file uploads from the devices and to store the file, we will also learn to create blob storage in the Azure cloud. Additionally, we’ll also see how we can make use of a simulator to send telemetry data to the Azure IoT hub, and then using the message routing feature, we'll learn to route the telemetry data to the blob storage for further use. This project will be helpful for anyone who is interested in implementing communication in the Azure IoT hub. You must have some basic knowledge of working with Azure IoT hub and storage accounts.

あなたが開発するスキル

  • Azure CLI

  • Azure IoT hub

  • device communication

  • Message routing

  • Azure Blob Storage

ステップバイステップで学習します

ワークエリアを使用した分割画面で再生するビデオでは、講師がこれらの手順を説明します。

  1. Introduction and Create IoT hub in Azure

  2. Create devices on IoT hub (VS code, Azure Cli and Azure Portal)

  3. Practice activity: Create a new device in the IoT Hub using Azure cli

  4. Send device-to-cloud (d2c) messages using VS code and azure cli

  5. Send cloud-to-device (c2d) messages using VS code and azure cli

  6. Create an Azure storage account and configure message routing

  7. Simulate a device and use an online simulator to send telemetry messages

  8. Configure file upload in Azure Iot Hub

  9. Cumulative challenge: Register a new device, run the simulator and send the data to the azure storage

ガイド付きプロジェクトの仕組み

ワークスペースは、ブラウザに完全にロードされたクラウドデスクトップですので、ダウンロードは不要です

分割画面のビデオで、講師が手順ごとにガイドします

よくある質問

ガイド付きプロジェクトを購入することによって、ガイド付きプロジェクトを完了するために必要なものすべてが得られます。これには、開始する必要のあるファイルとソフトウェアを含むWebブラウザを介したクラウドデスクトップワークスペースへのアクセスの他、専門家によるステップバイステップのビデオ講座が含まれます。

ワークスペースにはラップトップまたはデスクトップコンピューターに適したサイズのクラウドデスクトップが含まれているため、モバイル機器ではガイド付きプロジェクトを使用できません。

ガイド付きプロジェクトの講師は、プロジェクトのスキル、ツール、またはその分野での経験があり、知識を共有して世界中の何百万人もの受講生に影響を与えるたことに情熱を持つ専門家です。

ガイド付きプロジェクトから作成したファイルをダウンロードして保持できます。そのためには、クラウドデスクトップにアクセスしているときに「ファイルブラウザ」機能を使用できます。

ガイド付きプロジェクトは払い戻しの対象外です。すべての返金ポリシーを表示する

ガイド付きプロジェクトには学費援助が利用できません。

ガイド付きプロジェクトでは監査を使用できません。

ページの上部で、このガイド付きプロジェクトの経験レベルを押して、知識の前提条件を表示できます。ガイド付きプロジェクトのすべてのレベルで、インストラクターがステップバイステップでご案内します。

はい。ガイド付きプロジェクトを完了するために必要なものはすべて、ブラウザで利用可能なクラウドデスクトップで利用できます。

分割画面環境でタスクをブラウザで直接完了することで学習できます。画面の左側で、ワークスペースでタスクを完了します。画面の右側で、講師がプロジェクトをステップごとにガイドします。