Créer un ingress controller dans Kubernetes avec Traefik

提供:
このガイド付きプロジェクトでは、次のことを行います。

Apprendrez à déployer Traefik comme Ingress Controller dans un cluster Kubernetes

Configurerez un workload derrière le proxy Traefik

Implémenterez le SSL dans Traefik avec la redirection HTTPS pour les services

1 heure
中級
ダウンロード不要
分割画面ビデオ
フランス語
デスクトップのみ

Dans ce cours d'une heure, basé sur un projet, vous apprendrez à créer un Ingress Controller dans un cluster Kubernetes avec Traefik Proxy. A la fin de ce projet guidé, vous serez en mesure de: - Créer une configuration statique pour Traefik avec un ConfigMap - Déclarer les CRD, Roles et ClusterRoles de Traefik - Déployer Traefik dans Kubernetes et exposer son service - Activer le tableau de bord de Traefik et le sécuriser avec une authentification basique - Configurer une application déployée dans Kubernetes derrière le proxy Traefik - Implémenter le SSL avec Traefik pour les services Kubernetes avec LetsEncrypt ou avec des fichiers de certificats générés. - Rendre un service accessible en HTTP, et en HTTPS puis créer une redirection HTTPS Ce projet guidé est recommandé aux personnes désirant implémenter un proxy pour des workloads Kubernetes avec Traefik. Une connaissance de base préalable de Kubernetes est donc recommandée pour bien réaliser ce projet guidé.

あなたが開発するスキル

  • Bash (Unix Shell)

  • Reverse Proxy

  • Kubernetes

  • Traefik

ステップバイステップで学習します

ワークエリアを使用した分割画面で再生するビデオでは、講師がこれらの手順を説明します。

  1. Introduction à Traefik et présentation de l’environnement de travail

  2. Création des ressources d'autorisation et de configuration statique de Traefik Proxy

  3. Déploiement de Traefik et accès au dashboard

  4. Déploiement d’un workload dans le cluster Kubernetes avec Traefik comme proxy

  5. Implémentation du SSL avec Traefik Proxy dans Kubernetes

  6. Accès aux service en HTTP et redirection HTTPS

ガイド付きプロジェクトの仕組み

ワークスペースは、ブラウザに完全にロードされたクラウドデスクトップですので、ダウンロードは不要です

分割画面のビデオで、講師が手順ごとにガイドします

よくある質問

ガイド付きプロジェクトを購入することによって、ガイド付きプロジェクトを完了するために必要なものすべてが得られます。これには、開始する必要のあるファイルとソフトウェアを含むWebブラウザを介したクラウドデスクトップワークスペースへのアクセスの他、専門家によるステップバイステップのビデオ講座が含まれます。

ワークスペースにはラップトップまたはデスクトップコンピューターに適したサイズのクラウドデスクトップが含まれているため、モバイル機器ではガイド付きプロジェクトを使用できません。

ガイド付きプロジェクトの講師は、プロジェクトのスキル、ツール、またはその分野での経験があり、知識を共有して世界中の何百万人もの受講生に影響を与えるたことに情熱を持つ専門家です。

ガイド付きプロジェクトから作成したファイルをダウンロードして保持できます。そのためには、クラウドデスクトップにアクセスしているときに「ファイルブラウザ」機能を使用できます。

ガイド付きプロジェクトは払い戻しの対象外です。すべての返金ポリシーを表示する

ガイド付きプロジェクトには学費援助が利用できません。

ガイド付きプロジェクトでは監査を使用できません。

ページの上部で、このガイド付きプロジェクトの経験レベルを押して、知識の前提条件を表示できます。ガイド付きプロジェクトのすべてのレベルで、インストラクターがステップバイステップでご案内します。

はい。ガイド付きプロジェクトを完了するために必要なものはすべて、ブラウザで利用可能なクラウドデスクトップで利用できます。

分割画面環境でタスクをブラウザで直接完了することで学習できます。画面の左側で、ワークスペースでタスクを完了します。画面の右側で、講師がプロジェクトをステップごとにガイドします。