この専門講座について

38,010 最近の表示
The Cloud Computing Specialization takes you on a tour through cloud computing systems. We start in in the middle layer with Cloud Computing Concepts covering core distributed systems concepts used inside clouds, move to the upper layer of Cloud Applications and finally to the lower layer of Cloud Networking. We conclude with a project that allows you to apply the skills you've learned throughout the courses. The first four courses in this Specialization form the lecture component of courses in our online Master of Computer Science Degree in Data Science. You can apply to the degree program either before or after you begin the Specialization.
受講生の就業成果
67%
この専門講座終了後に新しいキャリアをスタートしました
25%
昇給や昇進につながった
共有できる証明書
修了時に証明書を取得
100%オンラインコース
自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。
フレキシブルなスケジュール
柔軟性のある期限の設定および維持
中級レベル
約8か月で修了
推奨4時間/週
英語
字幕:英語, 韓国語
受講生の就業成果
67%
この専門講座終了後に新しいキャリアをスタートしました
25%
昇給や昇進につながった
共有できる証明書
修了時に証明書を取得
100%オンラインコース
自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。
フレキシブルなスケジュール
柔軟性のある期限の設定および維持
中級レベル
約8か月で修了
推奨4時間/週
英語
字幕:英語, 韓国語

この専門講座には6コースあります。

コース1

コース 1

Cloud Computing Concepts, Part 1

4.4
889件の評価
218件のレビュー
コース2

コース 2

Cloud Computing Concepts: Part 2

4.6
289件の評価
60件のレビュー
コース3

コース 3

Cloud Computing Applications, Part 1: Cloud Systems and Infrastructure

4.2
599件の評価
134件のレビュー
コース4

コース 4

Cloud Computing Applications, Part 2: Big Data and Applications in the Cloud

4.3
281件の評価
43件のレビュー

提供:

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校(University of Illinois at Urbana-Champaign) ロゴ

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校(University of Illinois at Urbana-Champaign)

修士号の取得を目指しましょう

この 専門講座 は イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校(University of Illinois at Urbana-Champaign) の100%オンラインの Master in Computer Science の一部です。 プログラムのすべてで認定されれば、それらのコースが学位学習に加算されます。

よくある質問

  • If you subscribed, you get a 7-day free trial during which you can cancel at no penalty. After that, we don’t give refunds, but you can cancel your subscription at any time. See our full refund policy.

  • サブスクライブすると、7日間の無料トライアルを体験できます。この期間中は解約金なしでキャンセルできます。それ以降、払い戻しはありませんが、サブスクリプションをいつでもキャンセルできます。返金ポリシーをすべて表示します

  • はい。まず始めに興味のあるコースカードをクリックして登録します。コースに登録して修了することによって、共有できる修了証を取得するか、無料でコースを聴講してコースの教材を確認することができます。専門講座の一部であるコースにサブスクライブすると、専門講座全体に自動的にサブスクライブされます。進捗を追跡するには、受講生のダッシュボードにアクセスしてください。

  • はい。受講料の支払いが難しい受講生に、Coursera(コーセラ)は学資援助を提供しています。左側の[登録]ボタンの下にある[学資援助]のリンクをクリックして申請してください。申請書の入力を促すメッセージが表示され、承認されると通知が届きます。キャップストーンプロジェクトを含む専門講座の各コースでこのステップを完了する必要があります。詳細

  • コースに登録すると専門講座のすべてのコースにアクセスできるようになり、コースを修了すると修了証を取得できます。コース内容の閲覧のみを希望する場合は、無料でコースを聴講することができます。受講料の支払いが難しい場合は、学資援助を申請することができます

  • このコースは完全にオンラインで提供されているため、実際に教室に出席する必要はありません。Webまたはモバイル機器からいつでもどこからでも講義、学習用教材、課題にアクセスできます。

  • Each course in the Specialization is offered on a regular schedule with sessions starting about once per month. If you don't complete a course on the first try, you can easily transfer to the next session, and your completed work and grades will carry over.

  • Basic working knowledge of computers and computer systems

    Familiarity with common programming languages (e.g., C, C++, Java)

  • It is recommended that the courses in the Specialization be taken in the order outlined. In the Capstone Project, you will have the opportunity to synthesize your learning in all the courses and apply your combined skills in a final project.

  • MCS courses in Coursera do not carry University of Illinois credit on their own. Each course has an enhanced for-credit component. You can earn academic credit if you combine an MCS Coursera course with the enhanced for-credit component offered on the University of Illinois platform. Some universities may choose to accept Specialization Certificates for credit. Check with your institution to learn more.

  • There will be hands-on laboratory experiments (Load Balancing and Web Services, MapReduce, Hive, Storm, and Mahout). Case studies will be drawn from Yahoo, Google, Twitter, Facebook, data mining, analytics, and machine learning. We will also explore current practice by talking to leading industry experts, as well as looking into interesting new research that might shape the cloud network’s future.

さらに質問がある場合は、受講者向けヘルプセンターにアクセスしてください。