この専門講座について
27,011 最近の表示

100%オンラインコース

自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。

フレキシブルなスケジュール

柔軟性のある期限の設定および維持

中級レベル

約6か月で修了

推奨8時間/週

英語

字幕:英語, 韓国語

習得するスキル

Software-Defined NetworkingDistributed ComputingBig DataCloud Computing

100%オンラインコース

自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。

フレキシブルなスケジュール

柔軟性のある期限の設定および維持

中級レベル

約6か月で修了

推奨8時間/週

英語

字幕:英語, 韓国語

専門講座の仕組み

コースを受講しましょう。

Coursera(コーセラ)の専門講座は、一連のコース群であり、技術を身に付ける手助けとなります。開始するには、専門講座に直接登録するか、コースを確認して受講したいコースを選択してください。専門講座の一部であるコースにサブスクライブすると、自動的にすべての専門講座にサブスクライブされます。1つのコースを修了するだけでも結構です。いつでも、学習を一時停止したり、サブスクリプションを終了することができます。コースの登録状況や進捗を追跡するには、受講生のダッシュボードにアクセスしてください。

実践型プロジェクト

すべての専門講座には、実践型プロジェクトが含まれています。専門講座を完了して修了証を獲得するには、成功裏にプロジェクトを終了させる必要があります。専門講座に実践型プロジェクトに関する別のコースが含まれている場合、専門講座を開始するには、それら他のコースをそれぞれ終了させる必要があります。

修了証を取得

すべてのコースを終了し、実践型プロジェクトを完了すると、修了証を獲得します。この修了証は、今後採用企業やあなたの職業ネットワークと共有できます。

how it works

この専門講座には6コースあります。

コース1

Cloud Computing Concepts, Part 1

4.5
778件の評価
187件のレビュー
コース2

Cloud Computing Concepts: Part 2

4.6
255件の評価
55件のレビュー
コース3

Cloud Computing Applications, Part 1: Cloud Systems and Infrastructure

4.1
465件の評価
113件のレビュー
コース4

Cloud Computing Applications, Part 2: Big Data and Applications in the Cloud

4.2
231件の評価
35件のレビュー

講師

Avatar

Reza Farivar

Data Engineering Manager at Capital One, Adjunct Research Assistant Professor of Computer Science
Department of Computer Science
Avatar

Ankit Singla

Assistant Professor
Department of Computer Science, ETH Zürich
Avatar

Indranil Gupta

Professor
Department of Computer Science
Avatar

P. Brighten Godfrey

Associate Professor
Department of Computer Science
Avatar

Roy H. Campbell

Professor of Computer Science
Department of Computer Science

修士号の取得を目指しましょう

この 専門講座 は イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校(University of Illinois at Urbana-Champaign) の100%オンラインの Master in Computer Science の一部です。 プログラムのすべてで認定されれば、それらのコースが学位学習に加算されます。

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校(University of Illinois at Urbana-Champaign)について

The University of Illinois at Urbana-Champaign is a world leader in research, teaching and public engagement, distinguished by the breadth of its programs, broad academic excellence, and internationally renowned faculty and alumni. Illinois serves the world by creating knowledge, preparing students for lives of impact, and finding solutions to critical societal needs. ...

よくある質問

  • はい。まず始めに興味のあるコースカードをクリックして登録します。コースに登録して修了することによって、共有できる修了証を取得するか、無料でコースを聴講してコースの教材を確認することができます。専門講座の一部であるコースにサブスクライブすると、専門講座全体に自動的にサブスクライブされます。進捗を追跡するには、受講生のダッシュボードにアクセスしてください。

  • このコースは完全にオンラインで提供されているため、実際に教室に出席する必要はありません。Webまたはモバイル機器からいつでもどこからでも講義、学習用教材、課題にアクセスできます。

  • Time to completion can vary widely based on your schedule. Most learners are able to complete the Specialization in 4-5 months.

  • Each course in the Specialization is offered on a regular schedule with sessions starting about once per month. If you don't complete a course on the first try, you can easily transfer to the next session, and your completed work and grades will carry over.

  • Basic working knowledge of computers and computer systems

    Familiarity with common programming languages (e.g., C, C++, Java)

  • It is recommended that the courses in the Specialization be taken in the order outlined. In the Capstone Project, you will have the opportunity to synthesize your learning in all the courses and apply your combined skills in a final project.

  • MCS courses in Coursera do not carry University of Illinois credit on their own. Each course has an enhanced for-credit component. You can earn academic credit if you combine an MCS Coursera course with the enhanced for-credit component offered on the University of Illinois platform. Some universities may choose to accept Specialization Certificates for credit. Check with your institution to learn more.

  • There will be hands-on laboratory experiments (Load Balancing and Web Services, MapReduce, Hive, Storm, and Mahout). Case studies will be drawn from Yahoo, Google, Twitter, Facebook, data mining, analytics, and machine learning. We will also explore current practice by talking to leading industry experts, as well as looking into interesting new research that might shape the cloud network’s future.

さらに質問がある場合は、受講者向けヘルプセンターにアクセスしてください。