この専門講座について

100%オンラインコース

自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。

フレキシブルなスケジュール

柔軟性のある期限の設定および維持

初級レベル

英語

字幕:英語

100%オンラインコース

自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。

フレキシブルなスケジュール

柔軟性のある期限の設定および維持

初級レベル

英語

字幕:英語

専門講座の仕組み

コースを受講しましょう。

Coursera(コーセラ)の専門講座は、一連のコース群であり、技術を身に付ける手助けとなります。開始するには、専門講座に直接登録するか、コースを確認して受講したいコースを選択してください。専門講座の一部であるコースにサブスクライブすると、自動的にすべての専門講座にサブスクライブされます。1つのコースを修了するだけでも結構です。いつでも、学習を一時停止したり、サブスクリプションを終了することができます。コースの登録状況や進捗を追跡するには、受講生のダッシュボードにアクセスしてください。

実践型プロジェクト

すべての専門講座には、実践型プロジェクトが含まれています。専門講座を完了して修了証を獲得するには、成功裏にプロジェクトを終了させる必要があります。専門講座に実践型プロジェクトに関する別のコースが含まれている場合、専門講座を開始するには、それら他のコースをそれぞれ終了させる必要があります。

修了証を取得

すべてのコースを終了し、実践型プロジェクトを完了すると、修了証を獲得します。この修了証は、今後採用企業やあなたの職業ネットワークと共有できます。

how it works

この専門講座には9コースあります。

コース1

Digital Manufacturing & Design

4.6
743件の評価
175件のレビュー
コース2

Digital Thread: Components

4.6
265件の評価
36件のレビュー
コース3

Digital Thread: Implementation

4.6
173件の評価
32件のレビュー
コース4

Advanced Manufacturing Process Analysis

4.4
233件の評価
54件のレビュー

講師

Avatar

Amy Moore

Project Manager & Act-Authorized Job Profiler
University at Buffalo: The Center for Industrial Effectiveness (TCIE)
Avatar

Ken English

Deputy Director
Sustainable Manufacturing and Advanced Robotic Technologies Community of Excellence
Avatar

Sara Behdad

Associate Professor
Mechanical and Aerospace Engineering, Industrial and Systems Engineering
Avatar

Shambhu Upadhyaya

Professor
Computer Science and Engineering
Avatar

Rahul Rai

Associate Professor
Mechanical and Aerospace Engineering

業界パートナー

Industry Partner Logo #0

バッファロー大学(University at Buffalo)について

The University at Buffalo (UB) is a premier, research-intensive public university and the largest, most comprehensive institution of the State University of New York (SUNY) system. UB offers more than 100 undergraduate degrees and nearly 300 graduate and professional programs....

ニューヨーク州立大学(The State University of New York)について

The State University of New York, with 64 unique institutions, is the largest comprehensive system of higher education in the United States. Educating nearly 468,000 students in more than 7,500 degree and certificate programs both on campus and online, SUNY has nearly 3 million alumni around the globe....

よくある質問

  • はい。まず始めに興味のあるコースカードをクリックして登録します。コースに登録して修了することによって、共有できる修了証を取得するか、無料でコースを聴講してコースの教材を確認することができます。専門講座の一部であるコースにサブスクライブすると、専門講座全体に自動的にサブスクライブされます。進捗を追跡するには、受講生のダッシュボードにアクセスしてください。

  • このコースは完全にオンラインで提供されているため、実際に教室に出席する必要はありません。Webまたはモバイル機器からいつでもどこからでも講義、学習用教材、課題にアクセスできます。

  • Time to completion can vary based on your schedule, but learners can expect to complete the Specialization in 7 to 10 months.

  • There is no background knowledge, in particular, that is necessary to take this course. We recommend at least a high school education and interest in how an idea becomes a prototype, a prototype becomes a product, and a product becomes a consumable.

  • We strongly urge you begin by taking the following three courses first, in this order: Digital Manufacturing & Design, Digital Thread: Components, and Digital Thread: Implementation. The MBSE: Model-Based Systems Engineering course should be taken at the very end. Everything in between may be taken in any order desired.

  • No.

  • Upon Specialization completion, you will have determined your skill levels in relation to the digital manufacturing and design industry, identified a future manufacturing career path that you are interested in pursuing, and examined the community in which you live to recognize and embark on the opportunities that exist. Additionally, you will gain the confidence to have intelligent, fact-based dialogues, either in informal or professional conversations, about:

    · How advances in technology are shaping the "factory of the future" in a new phase of industrial revolution popularly referred to as "Industry 4.0," which encompasses the Internet of Things (IoT). The fusion of technologies resulting in IoT will make our lives more exciting, intelligent, interactive and innovative than ever before!

    · Social factors like the US-China trade imbalance and accelerated technology obsolescence that are driving the need for disruptive innovation in the manufacturing world.

    · The world of the "Digital Thread," where design of a new product and its manufacturing can occur simultaneously (instead of in sequence), resulting in significantly faster product launches, superior quality and competitive prices.

    · The unimaginably large amount of data that the next generation of manufacturing will handle, and how "super computers" and "high power computing" will be able to transform it into actionable information with ease, speed and accuracy.

    · How robots are used to make rapid and reliable decisions, consequently making the production shop floor into an "Intelligent Machining" environment.

さらに質問がある場合は、受講者向けヘルプセンターにアクセスしてください。