この専門講座について

Google Workspace Administration 専門講座は、組織の管理者が Google Workspace のベストプラクティスを確立して管理するための基礎をマスターできるように作られています。 この講座で受講者は、新しい Google Workspace アカウントを設定し、プロビジョニング方法について理解を深めます。また、ユーザーの管理方法、組織構造、Google Workspace のコアサービスについて学びます。組織のニーズに合わせてこれらのサービスを設定する方法についても学習します。 また、ユーザーとデータを保護するための Google のベストプラクティスについても学びます。ユーザーとアプリケーションのセキュリティについて理解を深め、組織で利用できるシングル サインオン(SSO)のオプションについて学習します。提供されているツールを使用して、セキュリティ イベントとリスクを特定し、発生する可能性のある問題を軽減できるようになります。 さらに、メールのコンプライアンスを設定し、迷惑メール、なりすまし、フィッシング、不正なソフトウェアによる攻撃から組織を保護するための対策を実装します。また、使用可能なさまざまなメールのルーティング方法について理解します。 最後に、Google Workspaceを組織に導入するためのベスト プラクティスを学びます。 重要 - 登録前に、以下の準備をしておく必要があります。 - トライアル アカウントを使用するにあたり、クレジット カード情報を設定しておく必要があります。無料期間終了前に試用をキャンセルすれば、カードへの請求は行われません。詳細については、Google Workspace の無料試用についてを参照してください。 - 新しいドメインを購入するか、すでに所有しているドメインを使用します。使用するドメインは、Google Workspace の試用版には含まれていません。 - Chrome ウェブブラウザを使用します。
共有できる証明書
修了時に証明書を取得
100%オンラインコース
自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。
フレキシブルなスケジュール
柔軟性のある期限の設定および維持
初級レベル
約1ヶ月で完了
7時間/週の推奨ペース
日本語
共有できる証明書
修了時に証明書を取得
100%オンラインコース
自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。
フレキシブルなスケジュール
柔軟性のある期限の設定および維持
初級レベル
約1ヶ月で完了
7時間/週の推奨ペース
日本語

専門講座の仕組み

コースを受講しましょう。

Courseraの専門講座は、一連のコース群であり、技術を身に付ける手助けとなります。開始するには、専門講座に直接登録するか、コースを確認して受講したいコースを選択してください。専門講座の一部であるコースにサブスクライブすると、自動的にすべての専門講座にサブスクライブされます。1つのコースを修了するだけでも結構です。いつでも、学習を一時停止したり、サブスクリプションを終了することができます。コースの登録状況や進捗を追跡するには、受講生のダッシュボードにアクセスしてください。

実践型プロジェクト

すべての専門講座には、実践型プロジェクトが含まれています。専門講座を完了して修了証を獲得するには、成功裏にプロジェクトを終了させる必要があります。専門講座に実践型プロジェクトに関する別のコースが含まれている場合、専門講座を開始するには、それら他のコースをそれぞれ終了させる必要があります。

修了証を取得

すべてのコースを終了し、実践型プロジェクトを完了すると、修了証を獲得します。この修了証は、今後採用企業やあなたの職業ネットワークと共有できます。

この専門講座には4コースあります。

コース1

コース 1

Introduction to Google Workspace 日本語版

コース2

コース 2

Managing Google Workspace 日本語版

コース3

コース 3

Google Workspace Security 日本語版

コース4

コース 4

Google Workspace Mail Management 日本語版

提供:

Placeholder

Google Cloud

よくある質問

さらに質問がある場合は、受講者向けヘルプセンターにアクセスしてください。