この専門講座について

This Specialization builds on the success of the Python for Everybody course and will introduce fundamental programming concepts including data structures, networked application program interfaces, and databases, using the Python programming language. In the Capstone Project, you’ll use the technologies learned throughout the Specialization to design and create your own applications for data retrieval, processing, and visualization.
受講生の就業成果
39%
この専門講座終了後に新しいキャリアをスタートしました
19%
昇給や昇進につながった

共有できる証明書

修了時に証明書を取得

100%オンラインコース

自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。

フレキシブルなスケジュール

柔軟性のある期限の設定および維持

初級レベル

約8か月で修了

推奨2時間/週

英語

字幕:英語, アラビア語, 中国語(簡体), 韓国語, ドイツ語
受講生の就業成果
39%
この専門講座終了後に新しいキャリアをスタートしました
19%
昇給や昇進につながった

共有できる証明書

修了時に証明書を取得

100%オンラインコース

自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。

フレキシブルなスケジュール

柔軟性のある期限の設定および維持

初級レベル

約8か月で修了

推奨2時間/週

英語

字幕:英語, アラビア語, 中国語(簡体), 韓国語, ドイツ語

この専門講座には5コースあります。

コース1

コース 1

Programming for Everybody (Getting Started with Python)

4.8
110,665件の評価
26,993件のレビュー
コース2

コース 2

Python Data Structures

4.9
53,250件の評価
9,198件のレビュー
コース3

コース 3

Using Python to Access Web Data

4.8
28,363件の評価
5,107件のレビュー
コース4

コース 4

Using Databases with Python

4.8
15,808件の評価
2,390件のレビュー

提供:

ミシガン大学(University of Michigan) ロゴ

ミシガン大学(University of Michigan)

よくある質問

  • サブスクライブすると、7日間の無料トライアルを体験できます。この期間中は解約金なしでキャンセルできます。それ以降、払い戻しはありませんが、サブスクリプションをいつでもキャンセルできます。返金ポリシーをすべて表示します

  • はい。まず始めに興味のあるコースカードをクリックして登録します。コースに登録して修了することによって、共有できる修了証を取得するか、無料でコースを聴講してコースの教材を確認することができます。専門講座の一部であるコースにサブスクライブすると、専門講座全体に自動的にサブスクライブされます。進捗を追跡するには、受講生のダッシュボードにアクセスしてください。

  • はい。受講料の支払いが難しい受講生に、Coursera(コーセラ)は学資援助を提供しています。左側の[登録]ボタンの下にある[学資援助]のリンクをクリックして申請してください。申請書の入力を促すメッセージが表示され、承認されると通知が届きます。キャップストーンプロジェクトを含む専門講座の各コースでこのステップを完了する必要があります。詳細

  • コースに登録すると専門講座のすべてのコースにアクセスできるようになり、コースを修了すると修了証を取得できます。コース内容の閲覧のみを希望する場合は、無料でコースを聴講することができます。受講料の支払いが難しい場合は、学資援助を申請することができます

  • このコースは完全にオンラインで提供されているため、実際に教室に出席する必要はありません。Webまたはモバイル機器からいつでもどこからでも講義、学習用教材、課題にアクセスできます。

  • この専門講座では大学の単位は付与されませんが、一部の大学では専門講座修了証を単位として承認する場合があります。詳細については、大学にお問い合わせください。

  • Each course in the Specialization is offered on a regular schedule, with sessions starting about once per month. If you don't complete a course on the first try, you can easily transfer to the next session, and your completed work and grades will carry over. The Capstone Project will be offered three times per year.

  • This Specialization is designed to serve as an on-ramp for programming, and has no pre-requisites. The pace of the first two courses is aimed at those with no programming experience at all.

  • You can pay for the entire Specialization upfront, or pay individually for each course as you progress. Financial aid is available for learners who qualify.

  • We recommend taking the courses in the order presented, as each subsequent course will build on material from previous courses.

  • Coursera courses and certificates don't carry university credit, though some universities may choose to accept Specialization Certificates for credit. Check with your institution to learn more.

  • If you are new to programming, this Specialization will prepare you to take other courses and develop advanced skills. Recommended follow-up courses include Johns Hopkins University’s Data Science Specialization and the University of Michigan’s Web Design Specialization. If you have some prior experience in data analysis, this Specialization is an excellent way to add Python skills to your repertoire.

  • If you previously earned a verified Course Certificate for the Programming for Everybody (Python) course, you will automatically receive credit for completing courses 1 and 2 in the Specialization. You may begin with the third course of the Specialization, and you will receive a Specialization Certificate upon successful completion of courses 3 and 4 and the Capstone Project. However, if you earned an unverified Statement of Accomplishment, you will need to earn Course Certificates in all four courses, and successfully complete the Capstone Project.

さらに質問がある場合は、受講者向けヘルプセンターにアクセスしてください。