このコースについて

33,900 最近の表示

受講生の就業成果

50%

コース終了後に新しいキャリアをスタートした

33%

コースが具体的なキャリアアップにつながった

共有できる証明書

修了時に証明書を取得

100%オンライン

自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。

柔軟性のある期限

スケジュールに従って期限をリセットします。

初級レベル

Understanding of traditional software development processes helpful, not required. No programming background required.

約11時間で修了

英語

字幕:英語

受講生の就業成果

50%

コース終了後に新しいキャリアをスタートした

33%

コースが具体的なキャリアアップにつながった

共有できる証明書

修了時に証明書を取得

100%オンライン

自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。

柔軟性のある期限

スケジュールに従って期限をリセットします。

初級レベル

Understanding of traditional software development processes helpful, not required. No programming background required.

約11時間で修了

英語

字幕:英語

提供:

ミネソタ大学(University of Minnesota) ロゴ

ミネソタ大学(University of Minnesota)

シラバス - 本コースの学習内容

1

1

2時間で修了

Lean Fundamentals

2時間で修了
8件のビデオ (合計38分), 4 readings, 2 quizzes
8件のビデオ
What do we mean by Lean?3 分
Lean for software development5 分
Amplify Learning / Create Knowledge6 分
Defer Commitments6 分
Build Quality In5 分
Deliver Fast4 分
Optimize the whole3 分
4件の学習用教材
Course Learning Plan10 分
Video: Five Principles of Lean Manufacturing10 分
Video: Eliminate Waste10 分
Lean Principle: Respect People10 分
2の練習問題
Lean Fundamentals6 分
Lean Principles30 分
2

2

4時間で修了

Kanban, Value Steam Mapping and Kaizen

4時間で修了
2件のビデオ (合計24分), 4 readings, 3 quizzes
2件のビデオ
Value Stream Mapping14 分
4件の学習用教材
Lean Metrics : Tracking Flow Based Methods like Kanban30 分
Video: Intro to Kaizen10 分
Video: Kaizen Examples10 分
Video: The 5 Whys10 分
2の練習問題
Kanban6 分
Kanban, Value Stream Mapping and Kaizen14 分
3

3

2時間で修了

Lean Startup

2時間で修了
3件のビデオ (合計30分), 1 reading, 1 quiz
3件のビデオ
Lean Startup (validated Learning and Build-measure-learn)14 分
Innovation Accounting9 分
1件の学習用教材
A Talk by Eric Ries on Lean Startup1 時間 10 分
1の練習問題
Lean Startup30 分
4

4

3時間で修了

Design Thinking

3時間で修了
4件のビデオ (合計33分)
4件のビデオ
Lean Startup with Design Thinking4 分
Identifying and Classifying Assumptions8 分
Prototype and Test8 分
1の練習問題
Design Thinking10 分

Software Development Lifecycle専門講座について

This Specialization is designed for people who are new to software engineering. It's also for those who have already developed software, but wish to gain a deeper understanding of the underlying context and theory of software development practices. At the end of this Specialization, we expect learners to be able to: 1.) Build high-quality and secure software using SDLC methodologies such as agile, lean, and traditional/waterfall. 2.) Analyze a software development team's SDLC methodology and make recommendations for improvements. 3.) Compare and contrast software development methodologies with respect to environmental, organizational, and product constraints....
Software Development Lifecycle

よくある質問

  • 修了証に登録すると、すべてのビデオ、テスト、およびプログラミング課題(該当する場合)にアクセスできます。ピアレビュー課題は、セッションが開始してからのみ、提出およびレビューできます。購入せずにコースを検討することを選択する場合、特定の課題にアクセスすることはできません。

  • コースに登録する際、専門講座のすべてのコースにアクセスできます。コースの完了時には修了証を取得できます。電子修了証が成果のページに追加され、そこから修了証を印刷したり、LinkedInのプロフィールに追加したりできます。コースの内容の閲覧のみを希望する場合は、無料でコースを聴講できます。

  • サブスクライブすると、7日間の無料トライアルを体験できます。この期間中は解約金なしでキャンセルできます。それ以降、払い戻しはありませんが、サブスクリプションをいつでもキャンセルできます。返金ポリシーをすべて表示します

  • はい。受講料の支払いが難しい受講生に、Coursera(コーセラ)は学資援助を提供しています。左側の[登録]ボタンの下にある[学資援助]のリンクをクリックして申請してください。申請書の入力を促すメッセージが表示され、承認されると通知が届きます。キャップストーンプロジェクトを含む専門講座の各コースでこのステップを完了する必要があります。詳細

さらに質問がある場合は、受講者向けヘルプセンターにアクセスしてください。