このコースについて

4,046 最近の表示

共有できる証明書

修了時に証明書を取得

100%オンライン

自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。

柔軟性のある期限

スケジュールに従って期限をリセットします。

初級レベル

約42時間で修了

中国語(簡体)

字幕:中国語(簡体), 英語

共有できる証明書

修了時に証明書を取得

100%オンライン

自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。

柔軟性のある期限

スケジュールに従って期限をリセットします。

初級レベル

約42時間で修了

中国語(簡体)

字幕:中国語(簡体), 英語

提供:

北京大学(Peking University) ロゴ

北京大学(Peking University)

シラバス - 本コースの学習内容

1

1

5時間で修了

第1节:绪论-软件开发方法的演化与最新趋势

5時間で修了
19件のビデオ (合計289分)
19件のビデオ
2.系统的概念13 分
3.结构的概念11 分
4.模型与科学模型20 分
5.工程模型16 分
6.软件模型18 分
7.方法学、方法、语言与图24 分
8.软件方法学的历史24 分
9.软件方法学的现状19 分
10.UML扩展的必要性12 分
11.UML扩展的机制12 分
12.meta、元与元模型9 分
13.元模型与实例12 分
14.软件方法的未来发展17 分
15.模型驱动的双向工程案例14 分
16.小结3 分
补充1.软件工程的作用与本课程的价值15 分
补充2.模型驱动的双向工程案例(高清)25 分
下节介绍4 分
1の練習問題
第1节测试20 分
2

2

3時間で修了

第2节:本课程方法概要与完整的引例及项目作业说明

3時間で修了
12件のビデオ (合計152分)
12件のビデオ
2.本课程的方法中用到的模型与规约(邵维忠教授主讲 9:29)9 分
3.本课程中方法中的建模过程(邵维忠教授主讲 4:57)4 分
4.本课程中OOA和OOD的关系(邵维忠教授主讲 9:29 )9 分
5.引例概述与需求描述(8:10)8 分
6.引例需求分析(16:41)16 分
7.引例系统分析—类图(14:16)14 分
8.引例系统分析—顺序图(13:54)13 分
9.引例系统设计—总述(9:37)9 分
10.引例系统设计—问题域设计与人机交互设计(17:12)17 分
11.引例系统设计—控制驱动设计与数据管理设计(28:16)28 分
12.引例系统实现与演示(8:58)8 分
1の練習問題
第2节测试20 分
3

3

2時間で修了

第3节:面向对象方法学概述

2時間で修了
13件のビデオ (合計100分)
13件のビデオ
2.对象与结构5 分
3.软件中的对象与面向对象方法学中的原则7 分
4.面向对象与基于对象4 分
5.封装与信息隐藏11 分
6.实例化10 分
7.消息传递14 分
8.消息的编译原理与消息传递的意义6 分
9.泛化与多态5 分
10.多态的编程实例4 分
11.覆盖、重载、基调与原型6 分
12.多态的实现原理7 分
13.关联与聚合10 分
1の練習問題
第3节测试20 分
4

4

2時間で修了

第4节:面向对象方法与UML的历史与发展

2時間で修了
16件のビデオ (合計105分)
16件のビデオ
2.OOA与OOD6 分
3.面向对象方法的主要优点7 分
4.不同流派的OO方法:Booch方法5 分
5.不同流派的OO方法:Coad-Yourdon方法4 分
6.不同流派的OO方法:Jacobson方法4 分
7.不同流派的OO方法:Rumbaugh方法4 分
8.UML的产生背景与发展历史7 分
9.UML是什么不是什么6 分
10.UML的四层模型结构4 分
11.UML中的抽象元类和具体元类4 分
12.UML1中的模型图与扩展机制5 分
13.UML2概况6 分
14.UML的贡献与存在问题5 分
15.举例:UML体系结构中的问题6 分
16.学习UML的建议2 分
1の練習問題
第4节测试20 分

よくある質問

  • 修了証に登録すると、すべてのビデオ、テスト、およびプログラミング課題(該当する場合)にアクセスできます。ピアレビュー課題は、セッションが開始してからのみ、提出およびレビューできます。購入せずにコースを検討することを選択する場合、特定の課題にアクセスすることはできません。

  • 修了証を購入する際、コースのすべての教材(採点課題を含む)にアクセスできます。コースを完了すると、電子修了証が成果のページに追加されます。そこから修了証を印刷したり、LinkedInのプロフィールに追加したりできます。コースの内容の閲覧のみを希望する場合は、無料でコースを聴講できます。

  • 支払日から2週間後、または(開始直後のコースの場合は)コースの最初のセッションが開始されてから2週間後の、いずれかの遅い日付の期間までが全額の返金の対象となります。コースの修了証を取得した後は、2週間以内にコースを完了した場合でも返金することはできません。返金ポリシーをすべて表示します

  • はい。受講料の支払いが難しい受講生に、Coursera(コーセラ)は学資援助を提供しています。左側の[登録]ボタンの下にある[学資援助]のリンクをクリックして申請してください。申請書の入力を促すメッセージが表示され、承認されると通知が届きます。詳細

さらに質問がある場合は、受講者向けヘルプセンターにアクセスしてください。