このコースについて

2,568 最近の表示

受講生の就業成果

33%

コース終了後に新しいキャリアをスタートした

33%

コースが具体的なキャリアアップにつながった
共有できる証明書
修了時に証明書を取得
100%オンライン
自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。
柔軟性のある期限
スケジュールに従って期限をリセットします。
中級レベル
約9時間で修了
フランス語
字幕:フランス語, 英語

受講生の就業成果

33%

コース終了後に新しいキャリアをスタートした

33%

コースが具体的なキャリアアップにつながった
共有できる証明書
修了時に証明書を取得
100%オンライン
自分のスケジュールですぐに学習を始めてください。
柔軟性のある期限
スケジュールに従って期限をリセットします。
中級レベル
約9時間で修了
フランス語
字幕:フランス語, 英語

提供:

ジュネーヴ大学(University of Geneva) ロゴ

ジュネーヴ大学(University of Geneva)

シラバス - 本コースの学習内容

1

1

2時間で修了

Module 1: Introduction au droit international de l'eau douce

2時間で修了
9件のビデオ (合計69分), 4 readings, 2 quizzes
9件のビデオ
1.1 Introduction2 分
1.2.1 Les enjeux de la gestion et de la protection des eaux transfrontières en droit international11 分
1.2.2. Les eaux douces transfrontières comme source possible de conflit9 分
1.2.3. Les bénéfices de la coopération sur les eaux douces transfrontières9 分
1.3.1. La pluralité des utilisations des ressources en eau douces transfrontières7 分
1.3.2. Les caractéristiques des conflits d’utilisation10 分
1.3.3. Cas pratique : conflit d’utilisation sur le fleuve Uruguay (Argentine/Uruguay)11 分
1.4. Conclusion3 分
4件の学習用教材
Présentation des instructeurs du cours10 分
Fonctionnement général des évaluations10 分
Glossaire10 分
Textes juridiques fondamentaux10 分
2の練習問題
Quiz formatif de la leçon 1.24 分
Quiz du module 130 分
2

2

2時間で修了

Module 2: Évolution de la réglementation internationale de l’eau douce

2時間で修了
10件のビデオ (合計95分)
10件のビデオ
2.2.1. Origine de la codification du droit applicable aux cours d’eau internationaux9 分
2.2.2. La portée de l’entrée en vigueur de la Convention des Nations Unies sur le droit relatif aux utilisations autres que la navigation de 1997 sur la gestion des ressources en eau transfrontières8 分
2.2.3. L’apport de la Convention d’Helsinki de 1992 sur la protection et l'utilisation des cours d'eau transfrontières et des lacs internationaux 1992 sur la régulation des ressources en eau transfrontières11 分
2.2.4. Le rôle de la société civile dans le processus de ratification de la Convention des Nations Unies de 199717 分
2.3.1. Les défis liés à la régulation des eaux souterraines7 分
2.3.2. Les travaux de la Commission du droit international sur le droit des aquifères transfrontières9 分
2.3.3. Spécificités du droit relatif aux aquifères transfrontières10 分
2.3.4. Étude de cas : L’aquifère transfrontalier du Genevois (Suisse-France)16 分
2.4. Conclusion2 分
2の練習問題
Quiz formatif de la leçon 2.34 分
Quiz du module 230 分
3

3

2時間で修了

Module 3: Les principes du droit relatif aux eaux douces transfrontières I

2時間で修了
9件のビデオ (合計63分)
9件のビデオ
3.2.1a. Les principes clé de partage des eaux: le principe de l'utilisation équitable et raisonnable et l'obligation de ne pas causer de dommages significatifs8 分
3.2.1. Le rapport entre l'utilisation équitable et raisonnable des ressources en eau et l'obligation de ne pas causer de dommages significatifs7 分
3.2.2. Coopération entre Etats riverains et notion de communautés d'intérêts et de droit6 分
3.2.3. Les formes de coopération9 分
3.2.4. Etude de cas: l'expérience de l'Organisation pour la mise en valeur du fleuve Sénégal en matière de partage des ressources en eau transfrontières8 分
3.3.1. Objectifs et modalités de mise en oeuvre de l'obligation de notification des mesures projetées8 分
3.3.2. Procédures d'enclenchement et de déroulement des consultations et négociations en cas de mesures projetées8 分
3.4. Conclusion2 分
1の練習問題
Quiz du module 330 分
4

4

1時間で修了

Module 4: Les principes du droit relatif aux eaux douces transfrontières II

1時間で修了
8件のビデオ (合計50分)
8件のビデオ
4.2.1. La contribution des accords multilatéraux sur l'environnement à la protection et la gestion des ressources en eau6 分
4.2.2. La lutte contre la pollution des ressources eau8 分
4.2.3. L'eau et les changements climatiques8 分
4.2.4. Les Chartes de l'eau en Afrique: outil innovant de protection de l'environnement aquatique6 分
4.3.1. Le droit à l'eau et la participation du public9 分
4.3.2. Etude de cas: La participation du public dans le cadre de la Commission mixte internationale (Etats-Unis/Canada)7 分
4.4. Conclusion1 分
1の練習問題
Quiz du module 430 分

よくある質問

  • 講義と課題へのアクセスは、登録のタイプによって異なります。聴講モードでコースを受講すると、ほとんどのコース教材を無料で見ることができます。採点された課題にアクセスして修了証を取得するには、聴講中または聴講後に、修了証エクスペリエンスを購入する必要があります。聴講オプションが表示されない場合:

    • コースは聴講オプションを提供していない可能性があります。代わりに無料トライアルをお試しいただくか、学資援助を申請することができます。
    • コースは、聴講オプションを提供せずに「修了証なしフルコース」オプションを提供する場合があります。このオプションでは、すべてのコース教材が表示され、必須の評価を提出して、最終成績を取得することができます。この場合、修了証エクスペリエンスは購入できません。
  • 修了証を購入する際、コースのすべての教材(採点課題を含む)にアクセスできます。コースを完了すると、電子修了証が成果のページに追加されます。そこから修了証を印刷したり、LinkedInのプロフィールに追加したりできます。コースの内容の閲覧のみを希望する場合は、無料でコースを聴講できます。

  • 支払日から2週間後、または(開始直後のコースの場合は)コースの最初のセッションが開始されてから2週間後の、いずれかの遅い日付の期間までが全額の返金の対象となります。コースの修了証を取得した後は、2週間以内にコースを完了した場合でも返金することはできません。返金ポリシーをすべて表示します

  • はい。受講料の支払いが難しい受講生に、Coursera(コーセラ)は学資援助を提供しています。左側の[登録]ボタンの下にある[学資援助]のリンクをクリックして申請してください。申請書の入力を促すメッセージが表示され、承認されると通知が届きます。詳細

  • このコースでは大学の単位は付与されませんが、一部の大学ではコース修了証を単位として承認する場合があります。詳細については、大学にお問い合わせください。Coursera(コーセラ)のオンライン学位および Mastertrack™証明書は、大学の単位を取得する機会を提供します。

さらに質問がある場合は、受講者向けヘルプセンターにアクセスしてください。